白髪の仕組み

スポンサードリンク

白髪の仕組み

スポンサードリンク

白髪の仕組みって意外と知らない人も多いですし、仕組みなどなくて老化だから仕方がないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし実際には根本的に白髪になる仕組みは存在しているのです。
白髪の根本的な原因となっているのはなんなのか見ていきましょう。
これまでは黒買った髪の毛がなぜ白髪になると思いますか?
その原因は1つとは限りません。

 

いろいろな原因が重なって白髪になっていきますが、その仕組みですが、白髪ができる一番の原因、それは色素肝細胞のメラノサイトの働きが弱くなってるからです。
色素肝細胞は全部の細胞の元になっている細胞ですが自分で修復できる力と特殊機能を持つ細胞に分化する力を持っているのです。

 

毛髪が成長する時期に色素細胞街路をつける細胞のメラニン色素を作るのですが、これによって髪の毛の色がつきます。
この働きが何かの原因により、損傷することによって色素肝細胞が治らなくて、そして白髪になる、つまり色がつけられなくなるというわけなのです。

 

白髪ができるタイミング、それは人それぞれ違っているのですが、これが年齢によって老化のタイミングと合致するから老化のひとつが白髪というイメージなのです。
白髪になる仕組みは色がつかない、これが原因だったのです。

スポンサードリンク