白髪染めやヘアカラーの危険性

スポンサードリンク

白髪染めやヘアカラーの危険性

スポンサードリンク

白髪染めやヘアカラーの危険性については知っている人もいるかもしれませんが、どんな危険性があるのか紹介したいと思います。
染毛剤の中に含まれているパラフェニレンジアミンはアナフィラキシーショックを起こす恐れがあるといわれているのです。
アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合には激しい呼吸困難に陥ったり、唇や顔、あらゆる体の粘膜がはれてしまって、痛みを伴いますし、食欲不振、むくみなどもありますし、目が焼け付くように痛いとか充血する失明などもあるといわれています。
そして長期的に使っている場合慢性的な影響としては白内障になることもあるのだそうです。

 

それ以外に白髪染めヘアカラーの危険性としては皮膚炎になったり結膜炎、気管支喘息、腎臓障害、貧血、発がん性、頭皮のただれ、顔のただれ、ショック症状、強いアレルギー反応などもあります。
人によっては肌が弱い人、ダメージが強い人などはショックを受けて大変重篤な状態に陥ることもありますので、危険なのです。

 

そして頭皮から入った化学物質はすべて女性の場合は子宮へ蓄積されるとも言われていますので不妊症の原因になることもいわれてます。
ですから白髪染めを選ぶ際には体にとって害がないようなものを選ぶことは一番大切なことなのです。

スポンサードリンク

白髪染めやヘアカラーの危険性記事一覧

白髪染め(ヘアカラー)の成分について

白髪染めをこれから選ぶ人は中がどんな成分で作られているのか、それはしっかりとチェックしておきたいことですよね。やはり直接頭皮や髪の毛に触れるものですからしっかり安心して使いたいものです。白髪染めの成分は薬事法で大きく分ければ医薬部外品とトリートメントタイプになっている白髪染めなどの化粧品の種類があり...

≫続きを読む

 

白髪染めのパッチテストについて

白髪染めをする際にはパッチテストは必要です。パッチテストをしなければいけないことはわかっていてもなかなかきちんと行っている人はいないのではないでしょうか。パッチテストは白髪染めをする前の皮膚のテストのことですが、白髪染めの中に入っているパラフェニレンジアミンに対してアレルギーがあるかどうかをチェック...

≫続きを読む